トップ

歯科の情報を集めたい

歯科に関して考えてみる

矯正歯科で親知らずの抜歯

矯正歯科では、歯並びやかみ合わせの異常を治療します。矯正装置を使って歯を動かしたり、必要があれば抜歯を行って歯が並ぶスペースを確保することもあります。親知らずは奥歯の一番後ろに生える永久歯ですが、矯正歯科の治療で抜歯の対象になるケースが多くあります。親知らずを抜歯することで奥歯の後ろにスペースができるので、そのスペースを利用して歯並びを治療することができます。不正咬合の治療は、できるだけ低年齢のうちから専門医の管理を受けていれば顎の成長を利用する治療ができるため、抜歯を避けることも可能になります。

親知らずや歯並びが悪い場合

親知らずがある場合や、歯並びが悪い場合には、歯科で抜歯してもらうか、矯正治療をしてもらうといいでしょう。親知らずは、生え方により、虫歯になりやすいこともあります。そのため、虫歯になる前に抜歯してしまったほうがいいこともありますので、歯医者で確認してもらいましょう。また、歯科で歯並びをよくするために、矯正治療をしてもらうことで、歯のすき間や歯の並びがガタガタの状態をきれいにすることで、見た目が改善されるので、周囲からの印象もよくなります。ただし、矯正治療の場合には、それなりの時間がかかりますので、それも考慮してから治療を受けるようにしましょう。

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科に関して考えてみる. All rights reserved.